【ディアブロ3プレイ日記73】ネクロマンサー、街を散らかすw

【ディアブロ3プレイ日記73】ネクロマンサー、街を散らかすw

 

シーズン17からネクロマンサーをやり始めて、早3週間。前回の日記でも書いたが、じつにいい感じにプレイができるようになってきた。

くり返しになるが現在の立ち回りは、腕に着けた装備“瀕死のガントレット”1秒ごとに生産してくれる死体をフル活用し、

●大蘇生(死の輪廻)
●コープス・ランス(跳飛)
●スケルタル・メイジ(特異点)
●コマンド・ゴーレム(ボーン・ゴーレム)

このへんのスキルを回してダンジョンを闊歩している。間を置かずに瀕死のガントレットが作ってくれる新鮮な死体(?)はまさにわんこソバの様相で、

「ハイ、屍おかわりッ! おっとつぎもできたヨッ!! そう言ってる間に2体も作れちゃったよアハハハハ!! って、笑っている間に5体キタコレ!! さあ持ってけドロボー!!

こんな感じなのである。つねに“使える死体”をはべらせておけるので、ネクロマンサーとしては便利この上ないのだが……。

誰が街を掃除するのか?

瀕死のガントレットを着けていれば、ダンジョンにいる限りは死体に困ることはない。だって敵を倒さなくても、勝手にボコボコと生産されるのだから。ネクロマンサーは自然発生する死体を見ては、

「大蘇生!!!」

とカッコつけて叫び、ボワボワボワと黒い影の戦士を死体から生み出す。

大蘇生1

これにて数秒間、影の戦士がともに戦ってくれ、役目を終えると再び死体に戻る……。ネクロマンサーは再び現れた死体を見ては、

「大蘇生!!!」

とカッコつけて叫び、再度ボワボワと黒い影の戦士を死体から生み出す。

大蘇生2

これにて数秒間、影の戦士がともに戦ってくれ、役目を終えると再び死体に戻る……。ネクロマンサーは再び現れた死体を見ては、

「大蘇生!!!」

とカッコつけて叫び、再度ボワボワと……とまあ、こんな感じで死体は“永久機関”と化す。便利ったらありゃしない。……一瞬、上の文章を10回くらいコピー&ペーストして今回の記事を終えようかと思ったが、さすがに読者の皆さんに呆れられると思ってやめておきました(苦笑)。

この大蘇生は、ダンジョンの中でだけ効果を発揮するスキルではない。ニュートリストラムだろうが秘密の野営地だろうが、そこに死体がある限りは、

「大蘇生!!!」

とカッコつけて叫ぶことができるのだ。

コレにより、街はどういうことになるのか?

……↓こうなります。

ニュートリストラムの死体1
肉塊だらけ~~~ん……www

うは……。ニュートリストラムが、怪獣墓場みたいになっちまってる……w シーボーズが出そう……。この惨状を見て、さすがのティラエルも怒り顔。

ティラエル

「ネファレム、モンスターの肉だらけにされたら困るな。さっさと片付けたらどうだ」

そんな苦言を言っている気がする。

「お宅の庭木の葉っぱが1枚、ウチの庭に落ちていましたよ……!」

と、舌打ちしながらイヤミを言ってくる、我が家の隣家のIさんかよ。

でもそこは、ご近所との関係が悪くなるといろいろと面倒なので、「すいませんすいません^^;」と言いながら片付けるわけ。そしてそれが柿の葉で、

(ウチ、イヤミに辟易して、2年前に柿の木は伐り倒したんだけどな……w)

と思っても、オトナな態度で掃除をするんですッ!! ……何を書いているのかわからなくなってきたが、ニュートリストラムに発生させてしまった肉塊も、

「スマンスマン^^;」

と謝りながら、「大蘇生!」で片すわけよ。すると……!

ニュートリストラム2

黒いバケモノ軍団、ニュートリストラムに降臨!!! いきなり現れた怪物の団体さんを見て、カダラもオレックもゾルタンクーレも大パニック。

「ぎゃあ!!」

「デ、デタッ!!!」

「モンスターじゃああああ!!!」

死体はそのままにできない、片すと黒いバケモノになる、放っておくと再び死体になる……ってんで、ネクロマンサーもどうしていいかわからない。けっきょく、

ニュートリストラム3
ニュートリストラム4
ニュートリストラム5

影の軍団を引き連れて、街中を右往左往するし続けるのであった……w

おしまい……w

おすすめの記事
大塚角満のブログ更新中