【ディアブロ3プレイ日記60】不死身の従者、主よりエラい説

ディアブロ3プレイレビュー 第60話

いまだ平成の世界にいるので(プライマルが出てねえ、ってこと)、本日も箸休めネタになります((((;゚Д゚)))) いったいどんだけやったら、プライマル・エンシェント出るねん……。早く令和に行きたいよぉ……。

今回は……従者のお話

さて。

従者っているでしょう。

↓この者たちね。

従者1

“脳筋戦士”テンプラー!

“ちょい悪ハンター”スコーンドレル!!

“美しき魔術師”エンチャントレス!!!

“従う者”という名称通り、彼らは主(あるじ)であるプレイヤーキャラにつねに付き従い、トーメントXIIIのネファレム・リフトだろうがグレーター・リフトの80階だろうが(行ったことないけど)、イヤな顔ひとつせずについてきてくれる。孤独なソロプレイであっても、

「大丈夫。いつも私がついているわ」

と泣かせることを言ってくれ、どんな悪魔が立ち塞がろうとも盾となって戦ってくれる。

頼もしい味方であり、どんなことがあっても離れない親友でもある。

プレイヤーにとっての従者とは、そういう存在だ。

しかし…………。

従者たちが“頼もしい味方”でいられる時間は、それほど長くはない。

確かに、ゲームの序盤から中盤にかけては、テンプラーのタンクっぷり、スコーンドレルの遠距離攻撃、そしてエンチャントレスの鶏攻撃は役に立つ。それがないと、攻略に支障が出るレベルに。

が、彼らの能力が戦況に反映されるのは、よくてトーメントIくらいまでだ。はっきり言ってコレ以降、従者はただの木偶の坊と化す。選りすぐりのレジェンダリーで装備を固めてあげても、レベルを高めてあげても、ちょっとした攻撃にさらされた瞬間、

「あ゛あ゛あ゛あ゛…………><」

なんて言って、その場にへたり込んでしまうのである。

そう、問答無用の戦線離脱。

主が必死こいて強敵と対峙しているというのに、テンプラーもスコーンドレルもエンチャントレスも、

「や、やられちった……^^; あとたのんます^^;;;

てな具合に、遠目から最前線を見つめるだけのモブになってしまうのである。

そんな姿を見るたびに俺は、

「またエンちゃんがやられた……。もうついてこなくていいのに……

と蔑みの視線を送ってしまう。

これが、主と従者のぶっちゃけた関係だ。

……いや、“だった”と過去形にすべきかもしれない。

従者を不死身にするアイテムとは?

ちょっと前のことになるが、グレーター・リフトで変わったアイテムを拾った。それが↓こちら。

不死身のアイテム

レジェンダリーの“煙を上げる香炉”。エンチャントレス用の装備である。でも、拾った瞬間は舌打ちしか出なかった。

「んだよ。エンちゃん用かよ。速攻で分解したろ」

役に立たない従者のアイテム。所持品の枠が埋まるだけの無用の長物。そう思っていたのだ。

でも、その特殊効果を見て「お?」と思った。そこには↓こんなことが書かれていたから。

“従者装備時:従者が死ななくなる”

……え? 従者が死なない……だと?

従者が死なないってことは、強敵が渦を巻くグレーター・リフトの深淵に潜っても、

「へっちゃらです!! 痛くも痒くもない! どこまでもついていきますよ!!」

ってんで、主に付き従ってくれるということか。つまり……!

「従者が……本当の意味で“従う者”になってくれるということか!!!」

この瞬間、エンチャントレスは“化けた”。チャンピオンの毒攻撃だろうがリフト・ガーディアンの強烈な物理攻撃だろうが、

「……いま、なんかした??www」

こんな感じですべて受け止め、延々と攻撃をくり出す殺戮マシーンとなったのである。な、なんて頼もしい……!! そして、なんて強い!!! 思わず、声を掛けずにはいられなかったね。

「エンちゃん!! 役に立つようになったなあ!!w イイヨイイヨ!! その調子!!

でも、確かにエンチャントレスは死なないのだが、主である俺はいつも通りなわけで。

従者2

グレーター・リフトの深いところにいけば、まあ平気で死ぬわけよ。もう……何度でもw

従者3

このとき、不死のエンチャントレスは、俺の墓標を遠目に見ながら敵と戦っている。頼もしいったらないのだが……あるときから何となく、視線が冷たくなってきた気がする。

従者4

「あー……。また死んじゃった^^;」

自虐的に俺が言ったとき、エンチャントレスの声が聞こえた気がした。

( ´,_ゝ`) ぷっ。死んじゃったwww

!!! あ、明らかに俺のことをバカにし始めている!!!

もちろん、俺が勝手に思っているだけだが……その表情を見るに、そう思っているに違いない!!!

慎重になったところで、俺が死ぬのを止めることはできない。それができるならとっくに、グレリフの100階とかに進んでいるのだ。

従者5

……再び、エンチャントレスの声が聞こえる。

(* ̄m ̄)ぷぷ。ドンマイですwwww

かーーーー!!! バカにしたバカにした!!! ごめんね!! 悪かったよ!!!

……反省しても、また死ぬ俺。

従者6

(゚艸゚*)ぷーーーーーっ!!wwww また死んでますねご主人様www よっわwww どんまいwww

ままま、またバカにしてる!!!><  死んでしまってスミマセンね!! 弱くて悪かったね!!!><

上から目線の従者と、いじけて這いつくばる主の図……。

“煙を上げる香炉”の最大の特殊効果は、

“主従を逆転させること”

これに尽きる……。

おすすめの記事
大塚角満のブログ更新中