【ディアブロ3プレイ日記52】グレーターリフトの壁を越えて

ディアブロ3プレイレビュー 第52話

前回の続き。

ようやく納得のいく“光ハンマークルセ”装備ができ、因縁のグレーター・リフト70階に挑んだ角満クルセイダー。しかし、クリアー目前(でもない)で惜しくも、またまた壁に阻まれてしまったのでありました。

今回はその続きであります。

グレーターリフト70階の壁

いきなり結論を書くが、“強い”と言われているビルドで構成し、装備もそこそこのモノが揃ってきたなら、この『ディアブロ III』というゲームはキチンと壁を越えられるように作られているのだと思う。それはクルセイダーはもちろん、バーバリアンだろうがネクロマンサーだろうが同じで、しっかりとバランスされているに違いない。ここはさすが、何年にもわたって運営され、アップデートをくり返し、究極と呼んでいいほどに積み上げられてきた成果なのだろうな。

そう考えると、我がクルセイダーも「ひょい!」ってんで、簡単にグレーター・リフトの70階くらい越えてくれそうなもの。

しかし“あるモノ”が足りず惜敗を重ねてしまうんですねえ……。

↓ほら、惜敗。

|;・`ω・)y- うーん……

|;;・`ω・)y- ううううーーーーーん……!

……って、完全に惨敗じゃねえか!!!www

そう、このようにけんもほろろにグレーター・リフトに追い返されて、

「いーんだいーんだ俺なんか……。いじけてウィッチ・ドクターで遊んでいればいいんだ……」

と、うじうじスネる面倒くさい47歳になることもあった。ただ、前述の「ひょい!」に近い状態になることもたびたびあって、

 (↑これはまだ若干つまづいているがw)

 「何度かくり返していれば、“いい回”を引けるような気がする!!」

そう感じることが増えていったのである。



……そうなのだ。

さきほど“あるモノが足りない”と書いたが、この“あるモノ”とはズバリ“運”ではないかと思うのです。

洗練されたビルド。

 積み重ねたパラゴンレベル。

 そしてがんばって集めた装備があって、それでもほんのちょっと足りないときこそ、“運”という要素が必要になると思うのだ。

何度もあった。

「あああ……!! アーケインダメージ無効で来てれば、絶対にクリアーできたのに!!!><」

「レジェンダリー・ジェムを付け替えてくればよかったああああ!!!><」

なんて思うことが。もしくは、

「ボスが毒野郎じゃなかったら、100パーいけてたああああ!!!><」

なんてこともたびたびでありました。

そして--。

何度跳ね返されても精神の瀬戸際で踏ん張って、懲りずにグレーター・リフトの70に挑戦していたとき……。

ふいに“凪”のような状態になった。

もちろん、敵の攻撃は苛烈だし、幾度となく瀕死まで追い詰められるも死ぬことはなく、アレよアレよと言う間に達成率が98%ほどに……。なるべく達成率は意識しないように立ち回っていたのだが、見てしまった瞬間に手がブルブルと震えてきてしまった。

「あ……。い、いけそう……」

でも、ここまで来てなお、ボスでボッコボコにやられて未クリアーとなったことは何度もある。

慌てるな……!

欲に溺れるな……!!

震える手を懸命に制し、自分自身に言い聞かせながら、何十回目かのリフト・ガーディアンに対峙する。スクショが残ってないのが非常に残念なのだが、出てきたのは確か、それほどキツいヤツでもなかったんだと思う。

なぜなら……!!!

や、やった……!!!

やってやった……!!!!

ついについに、このゲームを始めたときから使っていたクルセイダーで、グレーター・リフトの70階を突破できたよ!!! 俺、深夜の自室で会心の雄叫びを上げた。

 「うおおおおおおおおおし!!!! クルセイダーで70階突破あぁぁああああ!!!! やっと終わったぁぁああああ!!!!><」

これまでさんざん引っ張ってきましたが、ようやく、本当にようやく、クルセイダーでグレーター・リフトの70階を越えることができました!! いやあ……長かったwww そして、たいへんだった!! でも、ひとつのマイルストーンを越えられたことにより『ディアブロ III』へのモチベーションはさらに上がり、それからも毎日のようにログインしてプレイを続けております。

ちなみに、クルセイダーで70階をクリアーしたのと同じ日に……。

ウィッチ・ドクター、空気を読まずに72階を制覇www クルセイダー君、余韻にまったく浸れず、再び修行の日々にwww

まだまだ、やることは山積みだなあ。がんばらなくっちゃ!!

おしまいw