【ディアブロ3プレイ日記51】五分刈りの天使は微笑まない

ディアブロ3プレイレビュー 第51話

前々回の記事で、

「クルセイダーでグレーター・リフトの70階を越え、つぎの段階に進むんだ!!」

と勢いよくブチ上げた聖騎士・角満

その怒涛はとどまるところを知らず、長く立ち塞がっていたグレーター・リフト70階の壁も、一気に乗り越える勢いがあった。

天使は微笑んだのか?

その回は、これまで苦戦していたのがウソだったかのように、本当に順調だったと思う。まるで『ディアブロ III』の天空に舞うかわいらしい天使が、

「さあ、こちらへいらっしゃい♪ グレリフ70の壁を越えて--」

とにこやかに導いてくれているかのごとく、ザコもエリートたちも打ち破っていった。時間のロスもほぼなく、達成率のグラフは順調に伸びていたと思う。

↓こんな感じで。

クルセイダー1
クルセイダー2
途中、調子に乗ってフォーリング・ソードで突っ込みすぎ、不覚を取ることもあったけどw

クルセイダー3

祝福の槌の無限の渦は、ことごとく敵を打ち破っていったのである。

クルセイダー4



しかし、“好事魔多し”とはよく言ったもの……。

何度目かの“油断死”を喰らったとき、

クルセイダー5

ついに装備に亀裂が入った。

クルセイダー6

死神の巨大な鎌の切っ先が、喉元にピタリとつけられたような気がする……。

でも!!

これならまだ、大丈夫だ。街に戻って修理する……という時間的なロスを背負うより、力技で押し切ることができるはず!! 俺は吠えた。

「ま、まだまだ!! 達成率には余裕があるんだ! このまま突き進むぞ!!!」

しかし、“好事魔多し”とはよく(以下略)

緊張の糸が、緩み始めていたのかもしれない。

その後も俺は立て続けに油断死(すでに油断じゃないけどな)を重ね、つ、ついに……!

壊れた

左下に現れた真っ赤なアイコンを見た瞬間、俺はあることを思い出した。絶望の慟哭が、グレーター・リフト70階に響く。

「そ、装備が完全に壊れた……。かか、かわいい天使が導いてくれて、と思っていたけど……『ディアブロ III』の天使って、ティラエルのおっさんじゃねえかああああ!!!><

ティラエル五分刈り~~~~ん……www

しかめっ面のおっさん天使・ティラエルは、決してにこやかには微笑まない(苦笑)。装備が完全に壊れると裸といっしょで、防御が壊滅するのはもちろん、スキルもまともに使えなくなってしまう。

俺は仕方なく街に戻って修理をし、

「ま、まだまだこれから!!!><」

と健気に復帰を果たすも、このロスはあまりにも大きかった。なんとか時間を取り戻そうと無理をすることで死を重ねてしまい、

また失敗

デスペナルティーで時間が一気に進み、万事休す。なんとか引きずり出したリフト・ガーディアンも大嫌いな“ヴォラシティ”で、さらに死を積み重ねる。

リフトガーディアン

どうにかこうにかウルシまでたどり着きはしたが……。

ウルシ1
ウルシ2

まったく、取り合ってもらえないのであった……。

続く。

おすすめの記事
大塚角満のブログ更新中