【ディアブロ3プレイ日記40】裏・よじれ虹の国への招待

ディアブロ3プレイレビュー 第40話

クルセイダーでグレーター・リフトの70階を越えるため、原点に戻ることを誓った俺。

『ディアブロ III』の原点とはもちろん“ハック&スラッシュ”だ。

つねに戦場に身を置き、ひたすら戦いを繰り返して、レアで強力なアイテムを探し求める……。

何も手に入らなければ、「もう1回」

目当てのモノが手に入っても、「もう1回」

以前、『モンスターハンター』のプレイ日記、『逆鱗日和』の中で、

“狩りをするために武器を作るのか? 武器を作るために狩りをするのか?”

という、卵が先かニワトリが先かな議論を巻き起こしたことがあるが、『ディアブロ III』もまったくこれに当てはまるのだ。とんでもない武器を見つけたとしても、つぎの瞬間には、

「もう一度行けば、もっとヤバいものが出るかもしれない……!」

と言って、戦場への扉を開いてしまう。途中から何が主たる目的だったのかわからなくなってくるのだが、ハック&スラッシュに魅せられたプレイヤーは一様にこうなるのだ。コレが宿命なのである。

そんな、原点に戻ったある日のこと。

「今日はウィッチ・ドクターになって、グレーター・リフトの上のほうでトレハンしよう」

俺はそう言って、グレーター・リフトの72階に入っていった。クルセイダーでは70の壁を越えられていなかったが、ウィッチ・ドクターはすでに、72階あたりは“余裕”の域に入っていたころのことだ。

そして、事件は起こる。

『ディアブロ III』にあった異世界

そこに足を踏み入れた瞬間、ウィッチ・ドクターの角満君は何が起こったのか理解できなかった。

「……あれ? なんだここは」

一瞬、入る場所を間違えてしまったのかと思った。しかし確かに、街にあるネファレム・オベリスク(リフトの入り口ね)からダンジョンに飛んできたはずだ。ていうか、グレーター・リフトのポータルを開けたら強制でダンジョンに引きずり込まれるから、“別の場所に入る”なんていうミスは起こりようがないのである。

……っていうことに思いが至ったので、ますます目の前の光景がよくわからなかった。だってここ……↓こんな空間だったんだものwww

裏よじれ1

なんやねんここはwwwww

この暗さと淀んだ雰囲気は、間違いなくグレーター・リフトのソレであろう。空気の“死んでる感”がハンパないことからも、ヤバい場所であることがよくわかった。

でも……www

なんで雲が笑ってんねんwww メルヘンチックな花とか咲いてるし、強引に虹もかかってるし……w ここ、どう見ても“よじれ虹の国”やんけ!!w

よじれ虹の国は上のリンク記事にもある通り、地獄の一丁目みたいな『ディアブロ III』の世界にあって唯一、心安らぐというかホンワカした気分になれるというか、とにかく明るく楽しい小学校の入学式だワーイワーイ! という空間になっている。↓こんな感じで。

表よじれ
表よじれ2

……まあ、いくらかわいい敵でも攻撃してくるし、死ぬこともあるんだけどw でも、金銀財宝ざっくざくの宝島みたいな場所でもあるので、よじれ虹の国の幸福度はズバ抜けて高い。幸せの国・ブータンレベル。



そんなよじれ虹の国が……グレーター・リフトの瘴気に染まってしまっている……。なんなんだここは……。

裏よじれ2

一瞬、大好きな異世界のコピペ“きさらぎ駅”とか“巨頭オ”の話が頭をよぎった。パッと見はふつうなのに、どこかがズレてしまっている別の世界--。……まあ俺が来てしまったところは、パッ見がいちばんヤバかったわけだけど(苦笑)。

それでも、ここがよじれ虹の国と同様の宝島だったら、何も言うことはなかったのだ。

「ヘンな世界だったねー^^;;;」

で済む話なのでね。

見ると、この不気味な世界にも、よじれ虹の国と同じようなプレゼントボックスがところどころに落ちていた。

裏プレゼント

壊すとえげつない勢いで宝がバラ撒かれる、正真正銘の宝箱だ。道中ではアイテムが何も落ちないグレーター・リフトではあるけれど、宝箱からもアイテムが出ない……なんてことがあるわけがない。俺は吠えた。

宝だ宝だ!! グレーター・リフト史上初、道中でもアイテムを手に入れられるぞ!!www」

噴き出すニヤけ笑いを隠そうともせず、ぐふぐふ言いながら宝箱を壊すと……!

裏よじれ3

「……って、何も出ないんかいッ!!!(怒) 虹の国である必要、1ミリもナシ!!!

宝箱を壊しても雲を揺すっても、たまに出てくるのは幾ばくかのお金だけで、宝はひとつも落ちませんでした!!w だったら思わせぶりに、グレーター・リフトと絡まるなよ虹の国!!w 滅多に人が来てくれないからって、出しゃばってくるんじゃねえええ!!w

ちなみに。

裏・よじれ虹の国にあったポータルをくぐったら、

何事もなかったかのように、ふっつーのダンジョンに飛ばされましたwww UFOにさらわれたことがある人は、いまの俺みたいな気分に苛まれたのかなぁ……。

「な、なんだったんだ、いったい……」

とね……。

おしまいw

おすすめの記事
大塚角満のブログ更新中