【ディアブロ3プレイ日記33】ファランクス君、壁にぶち当たる

ディアブロ3プレイレビュー 第33話

以前詳しく書いたが、我がクルセイダーの基本ビルドは“ファランクス”中心のものだった。いわゆる“ファランクスビルド”ってヤツ。

改めて、どんな構成になっているのかをつまびらかにしたいと思う。

ファランクスビルドとは?

まず大前提として、このビルドで攻撃のメインとなるのは、前述の“ファランクス”(強力な分身を呼び出して攻撃させる)と“ボンバードメント”(燃えさかる岩の雨を降らし、自分の周辺にいる敵に一定時間ダメージを与え続ける)であります。なので装備も当然、ファランクスとボンバードメントに寄せたものになっている。

ファランクスビルド

現在、我がファランクスクルセイダーが身に着けているのは、↓こんな武具たちだ。

大塚角満のファランクスビルドの装備

●武器:邪悪なる者の末路(エンシェント・レジェンダリー)

武器

ポイントは特殊効果の“<天の怒り>の光線が2本増え、ダメージが401%増加する”という点。スキルに関しては後述する。

●手袋:グラディエーター・ガントレット(エンシェント・レジェンダリー)
●肩当て:骸骨王の肩当て(エンシェント・レジェンダリー)
●鎧:シンダーコート(エンシェント・レジェンダリー)
●兜:アンダリエルの面(エンシェント・レジェンダリー)
●アミュレット:ヘルファイア・アミュレット(エンシェント・レジェンダリー)
●腕甲:ワーゼチアン・アームガード(エンシェント・レジェンダリー)
●オフハンド:無慈悲なファランクス(エンシェント・レジェンダリー)

オフハンド

ファランクスビルドには絶対的に必要な盾が“無慈悲なファランクス”だ。効果は、“<ファランクス>による召喚数が倍になる”というもので、単純に火力が2倍になると考えている。

●指輪:剛者の連祷&嘆きの主

指輪

装備の備考にしつこく“エンシェント・レジェンダリー”と明記したのはこのため。剛者&嘆きの特殊効果で、エンシェント・レジェンダリーの個数に比例して火力と防御が増大していくからだ。

この指輪以外すべて、エンシェント・レジェンダリーで固めている。

●靴:幻影のブーツ(エンシェント・レジェンダリー)

靴

幻影のブーツについては以前記事にしたが、

ここで装備しているのはエンシェント・レジェンダリーであることに加えて“ファランクスのダメージ+10%”もつけてあるので、単純に火力の底上げ的な意味もある。

●下衣:痘のフォールド(エンシェント・レジェンダリー)
●ベルト:秘宝のベルト(エンシェント・レジェンダリー)

ベルト

特殊効果の“7秒ごとに、ボンバードメントで付近の敵をランダムで攻撃する”があまりにも強い!! スキルだとクールダウンの時間がどうしても必要だが、秘宝のベルトを着けている限りボンバードメントが勝手に天から降ってきてくれるので、じつにエコなのである。ザコ戦でもエリート戦でも大活躍だ。

以上が装備。続いて、スキル構成を明かそう。

大塚角満のファランクスビルドのスキル

ざっと列挙します(カッコ内はルーンね)。

●ジャスティス(バースト)
●ボンバードメント(バレルズ・オブ・スパイク)
●天の怒り(天の炎)
●ファランクス(ボディガード)
●勇気の法(凍えるほどの恐怖)
●アカラットの王者(ファイア・スターター)

パッシブは、

●天の力
●統率者
●神の鉄槌
●装飾の力

そしてカナイのキューブは、

●モータル・ドラマ(ボンバードメントの着弾数が2倍)
●カッサールの戦兜(ファランクスのクールダウン時間が60%減少し、同じだけダメージも増加する)
●永遠の団結(ファランクスの分身の持続時間が200%になる)

こんな感じだ。

ファランクスビルドの立ち回りとは?

立ち回りの基本は、敵が現れたらすかさず「ファランクスッ!!」と叫んで分身を呼び出し、ファランクスでさばけなかった分は天の怒りでくし刺しにする。というのも、ルーンを“天の炎”にすることで好きなときに天の怒りを発動できるので(その代わりラスを消費する)、ハエのようなザコはこれで一掃すればいいわけ。それでも足らなければボンバードメントを降らし、あたりを焦土とすればいいのだ。

ファランクス

まあとにかく、ファランクス頼みなわけよ。ソロで遊んでいるときはもちろん、事務所のスタッフとローカル通信でマルチプレイをしているときも、「ファランクス! ファランクスッ!!」と大騒ぎしている。

まだまだ弱い事務所のスタッフが「あ!! ザコが大群でキターーー!!!」と叫べば、

「行け!! ファランクス!!」

「わあああ!! 青いのいる!! ヤバい!!」

「やれ!!! ファランクスッ!!!」

「き、金いる……!!」

「蹴散らせッッ!!! ファランクスッッッ!!!!」

「あ。宅配便きた……」

「ししし、仕留めろファランクスッッッッ!!!!!!」

てなもんだ。

そんな“ファランクス一筋”でやってきた我がクルセイダーだが、ここにきてついに、壁に激突してしまっている。グレーター・リフトの65くらいまではこのビルドでもいけるのだが、それ以降が、ちょっと……。……っていうか、まったく歯が立たなくなっちまったwwwww

いや笑いごとじゃないんだけど、このビルドではグレーター・リフト70は夢のまた夢。たぶん、防具の修理代だけで100万くらいは覚悟しないといけないかもしれない。

でも、前々から気にはなっていたんだよな……。

クルセイダーのファランクスビルドをネットで検索しても……俺のブログくらいしか出てこないからwwwww 世間一般のクルセイダー使いはまったく別のビルドで、グレーター・リフトの70以上を平気な顔で闊歩しているんだよねえ……。

というわけで、ビルドを練り直すことにした。

続きは……次回以降!!

おすすめの記事
大塚角満のブログ更新中