【ディアブロ3プレイ日記3】最初の難関“クラス選び”!

ディアブロ3プレイレビュー 第3話

クラス選びと言っても、

「わぁー! 今日から6年生だー! 僕はどんなクラスかなー!」

というクラス選びではない(あたりめーだ)。

……『Diablo III』ですよ『ディアブロ III』!!! ニンテンドースイッチの『ディアブロ III エターナルコレクション』ですよ!!!

この手のゲームで最初にブチ当たる壁(?)は、まず間違いなく“職業”選びである。ゲームによっては“ジョブ選び”、また別のゲームでは“ライフ選び”となるが、『ディアブロ III』ではクラスである。

ゲームに入るとさっそく、自分の分身であるキャラクリエイトになるので、いきなりここで小一時間くらいは足止めを喰らうことになる。

「うーーーーーーん!! 今回はどのクラスで行くべきか……」

『ディアブロ III』をイチから始めるのは、これで4ハード目になる(PC→プレイステーション3→プレイステーション4→ニンテンドースイッチ)。その間、セカンドキャラ、サードキャラなんてのも作って遊んでいたので、たいがいのクラスは経験済みでもある。

でも、だからこそ決められないのだ。

『ディアブロ III』、各クラスの所感

改めてここで、各クラスを見ていこう。

バーバリアン

いわゆる“脳筋”である。生命力にあふれた頑健なボディーが売り物で、敵も足元も確認せぬまま突入して、両手武器を振り回すタイプ。スキルも、攻撃系から防御系までひと通りそろっているので、難しいことを考えなくともなんとかなる印象。

俺がPC版をやり始めたとき、最初に選んだのがバーバリアンだ。しばらくはこいつで遊び続けていた。

……というわけで。

「バーバリアンはさんざん遊んだので……ナシかな」

クルセイダー

デカい武器とデカい盾があまりにも印象的な、“中長距離の脳筋”。攻撃、防御とも手堅くて、バランスが取れているクラス……という印象が強い。

クルセイダーは、プレイステーション3版を遊んでいたときにセカンドキャラとして作った記憶がある。

……というわけで。

「クルセイダーは……保留だな!」

※クルセイダーを使った結果は↓これらですw

デーモン・ハンター

ダブルクロスボウがメチャクチャかっこいい、“スタイリッシュさはナンバーワン!”と言いたくなるクラス。メインの武器がクロスボウなことからもわかる通り、圧倒的な遠距離攻撃が得意。

しかし、この手の遠距離攻撃マンの特性か、攻撃力は高いけど防御はもろいという印象。罠を使いながら動き回ったりとなかなか忙しいので、せわしないことが好きな人向け。ちなみに俺は、デーモン・ハンターはほとんど使ったことがない。

……というわけで。

「デーモン・ハンターは、保留だな!」

※デーモンハンターを使った結果は↓これらですw

モンク

近接の手数で勝負する肉体派のクラス。とにかく敵の懐に飛び込んで、腕や足を振り回して戦いたい人向けか。装備は軽そうだがわりと堅く、そうそう簡単には死なないので安心。

モンクは、プレイステーション3版を遊んでいるときにメインで使っていた。チャカチャカしていて楽しかったが、圧倒的な強さは……ついぞ感じたことはなかったな(苦笑)。

……というわけで。

「モンクは……今回は、いいやw」

ウィッチ・ドクター

もう、見た目からしてパンチが効きすぎているクラス。このウィッチ・ドクターを見ると、志村けんがコントで見せる“ひとみばあさん”を思い出してしまう。

この見た目通り、非常にトリッキーな立ち回りをするクラスで、召喚、毒、バフ、妙な技……などなど、じつにバラエティーに富んだ動きをする。俺はこのウィッチ・ドクター、プレイステーション4版でセカンドキャラにしていた。

……というわけで。

「ウィッチ・ドクターは……なんとなく、中目黒目黒が使いそうなんで、パスしとこw」

※ウィッチドクターを使った結果は↓これらですw

ウィザード

火力だけで言ったら、おそらく最強レベルを誇るクラス。遠距離から怒涛の火焔やら氷やらカミナリやらを放ち、敵どもを消し炭にしてくれる。見た目も派手なので、使っていてじつに楽しい。

ただ、魔法使いの宿命だが、打たれ弱さもナンバーワンである。「自分がやられる前に、相手の息の根を止める!」というスリリングな立ち回りをしたい人は、迷わずウィザードを選ぶべき。

……というわけで。

「ウィザードは……仲間内で使うヤツが多そうだからナシかな」

ネクロマンサー

拡張版で導入された、最新のクラスがネクロマンサーだ。その名の通り死者を操る術に長けていて、スケルトンを召喚して戦わせたり、また死体を爆破して強烈な範囲攻撃をくり出したりと、多彩な攻撃ができる。

このネクロマンサー、じつは前作『ディアブロ II』のときにメインで使っていたクラスだ。でも、『III』ではまったく触ったことがなかったので、かな~~~り使ってみたくはある。

……というわけで。

「ネクロマンサーは……保留!!!」

※ネクロマンサーを使った結果は↓これらですw

最終的に選んだのは……!!

これで、候補が出そろった。ざっと書き出すと、

・バーバリアン ×
・クルセイダー △
・デーモンハンター △
・モンク ×
・ウィッチドクター ×
・ウィザード ×
・ネクロマンサー △

クルセイダーかデーモンハンターか、はたまたネクロマンサーか??

正直、どれでやっても楽しいのはわかっているので、ズバンと決めちゃえばいいのだが、

「誰かとカブるかも……!」

「後半で苦しくなるのでは……!」

なんてことを考え出すと、安易な結論は出せないんだよね。

……でも、決めました!! マジで1時間くらい悩んだけど……俺はこのクラスと心中するぞ!!!

俺が最終的に選んだのは……このクラスだ!!!

ただのおっさんだぁぁあああ!!!!!

じゃなくて。

そう!! クルセイダァァアアアア!!!!

なぜ、ほとんど使ったことのないデーモンハンターとネクロマンサーを押しのけ、ある程度は知っているクルセイダーを選んだのか? その理由は、あまりにも意外なものでありました。

それは……。

「デーモンハンターとネクロマンサーって、ちょっと線の細い今風のイケメンだよね……。そんなキャラクターを……俺が使うわけにはいかぬ!!! ゴツいおっさん最高ッ!!! 痛風最高!!!」

ってものでした(苦笑)。

最後まで悩んだのはネクロマンサーだったんだけど、これを落選にしたのには思い出がからむ理由がある。

それは、次回の更新で。

おすすめの記事
大塚角満のブログ更新中