【ディアブロ3プレイ日記23】その者の名は“宿敵”

ディアブロ3プレイレビュー 第23話

その異分子は、突如俺の前に現れた。

宿敵登場※いきなり“kadomanの仇”となっていますが、スクショがなかなかうまく撮れないので、別の機会に撮影したものを使っています!w

「……ん? な、なんだコイツは……」

時空を切り裂き、無理やり俺の世界に入り込んできた異形の者--。この存在が他のモンスターとまったく違うことは、一瞬にして全身に発生した鳥肌が教えてくれた。

え? な、なに? コイツ……怖いんだが……」

異形の者が味方でないことは、火を見るよりも明らかだった。そこで俺は冷や汗が浮かぶ指を動かし、異形の者に攻撃を加える。

「な、なんだオメーは!! いきなり人の世界に入ってきやがって!! 一瞬で片付けてやるわ!!!!」

ここまで激戦を潜り抜けてきたクルセイダーとして、どうにか絞り出した懸命の虚勢。

「うぉらああああ!! やってやらああああ!!」

我がクルセイダーの手から放たれたハンマーが異形の者に着弾したとき、初めてその存在の名前が表示された。

宿敵--。

宿敵は、突如として現れる

「しゅく………て……き……?」

あまりにもシンプルで、驚くほど効果的な恐ろしい名前。この名前を見た刹那、再び俺の身体を鳥肌が覆った。そして……自分がなすすべもなく倒される姿が脳裏をよぎった瞬間、宿敵と名乗る異形の者が猛烈な咆哮を放つ。

「おおおおおおおおおおおおッッッ!!!!!」

気が付いたときには、クルセイダーのまわりに無数の赤い電撃が渦を巻いていた。

宿敵の赤い電光

エリートモンスターたちがときたま青い稲妻のボールを放つことがあるが、宿敵が発生させたそれは真っ赤な血の色。まるで、

「いまからキサマは、その色に染まるのだ」

という死の宣告を突き付けられたような気分にさせられてしまう。

それでも俺は、収まらない鳥肌を敢然と無視して、宿敵に躍り掛かった。

「な、何が宿敵じゃコラァァァアアアア!!! やってみろや!!!」

機先を制した……つもりだった。自慢のファランクスに四方を封じさせ、会心のボンバードメントと天の怒りをぶち込んでやった……つもりだった。しかし天から降り注ぐボンバードメントが着弾する前に、目の前にいた宿敵は、

ヴンッ……!

と眼前から消え失せ、「え!?」と思ったときには俺の背後に……! 俺は瞬時に(やばい!!!)と察知し、クルセイダーのリーサルウェポン“アカラットの王者”を本能的に発動させていた。たったの20秒間だが、アカラットの王者を使ったクルセイダーは鋼鉄の身体にビルドアップされ、攻撃力が激増する。クールダウン時間が90秒と長いので、ふだんはボス戦以外ではほとんど抜かない“伝家の宝刀”だったが、宿敵の放つ強烈な殺気が、俺にボタンを押させたようだった。



でも、これで負けることはない。アカラットの王者になったクルセイダーに、死角はないのだ。体格的にも、宿敵の巨体に引けをとらないものになっているし。ここぞとばかりに、俺は吠えた。

「宿敵だか何だか知らないけど、ここまでだぜ! 変身したクルセイダーに、勝てると思うなよ!!!

言うや、俺は再び宿敵に襲い掛かった。

「一瞬で消し炭にしてやる!!!!」

そう誓って--。

しかし……。

宿敵に屈す

わずか数秒で消し炭にされたのは、それまで無敗を誇ったアカラットの王者だった。俺の死を確認した宿敵が、せせら笑うように消え去る瞬間に見えたHPは、ほとんど削れていなかったと思う。完敗……。これ以上ないくらい、完膚なきまでに叩き潰されてしまった……。

このとき俺は悔しさよりも、恐怖と情けなさでいっぱいだった。

「な、なんなんだよアイツ……。いきなり時空を割って現れ、好きなだけ暴れて、リベンジの機会も与えずに消え去るとか……」

『北斗の拳』のラオウか、はたまた『バキ』の範馬勇次郎か、『ドラゴンボール』のフリーザか……。

かつて、「主人公たち、絶対に勝てないわwwww」と思わせられたキャラクターを想起させる、宿敵の放つ“強者の気配”。そして実際、この日を境に宿敵はたびたび俺の前に現れ、暴虐の限りを尽くすことになるのである。

これが現在も続く、宿敵“ネメシス”との激闘の序章である。

おすすめの記事
大塚角満のブログ更新中