【ディアブロ3プレイ日記135】シーズン18終了間近!ボスモード進撃す

【ディアブロ3プレイ日記135】シーズン18終了間近!ボスモード進撃す

 

※今回の記事も、皆さんのコメントを読む前に体験したことが元となっております! 「あいつ、ぜんぜん人の言うこと聞かねえな!」と思わず、笑って読んでください!w

相も変わらず、シーズンジャーニー最後の砦“守護者”をクリアーするために奮闘を続けている。

壁となっているのは、ここのところずっと書いている通り“コンクエスト”だ。

これがまあ、あなたホントにふざけるのもいい加減にしてくださいよ……と丁寧語になって怒ってしまうくらい、難度が高いのである。これを終えられないことには、シーズン19にも『Diablo IV』にも向かえねえよw

敬語で怒る人の思い出

しかし『ディアブロ III』とまったく関係ないけど、“丁寧語で怒る人”って、怖いよね。

俺がファミ通に入った20代前半のころ、よく面倒を見てくれた先輩編集者がまさに“丁寧語で怒る人”だった。まあ隠したところで意味がないので実名で書くけど、のちに週刊ファミ通の編集長になるバカタール加藤さんだけどねw 加藤さんはふだんから、後輩や部下に対しても敬語で話す人で、ペーペーもいいところだった俺に対しても、

「かどま~ん。記事、見ましたよ~! いい感じにまとまっていますねー!」

って感じで接してくれた。そして怒るときも、

「だから、そこが違うって言ってるんですよ。あなた、僕の話聞いていました?」

という理詰めの敬語で攻めてくるので、逆に怖いったらなかったのである。

でもその数年後、編集長になった加藤さんから直々に、

「かどま~ん、僕の下で副編集長をやってほしいんですけど、いいですかね?」

と言われ、俺はファミ通の副編集長となるのである(何の話だ)。

ボス・モードを追え!

話が思いっきり逸れたが、前回の日記で書いた通り、俺は高難度のコンクエストをクリアーするための手段として、↓こちらのミッションに目を付けた。

●ボス・モード:最大レベルのキャラクターで、難易度トーメントX以上の特定のボス(16体)を、ゲーム開始から20分以内に倒す

トーメントXだったら、屈強なマルサエルも大嫌いなウルザエルも一瞬で屠り去ることができる。それが16体となると、コンプするまでに何分要するのか見当がつかなかったのだが、試しにやってみたところ、

ボスモード

なんと初っ端から、残り3体の惜しいところまで攻め入ることができたではないか!! こ、これならイケる!!! 絶対にクリアーできるぞ!!!

ってことで、ボス・モードに活路を見出したのである。

10分余裕があるはずが

となればさっそく、ボス狩りに参るとしよう。この回であっさりと、コンクエストを終わらせてやるぞ。

必勝のボス・モードに向かうにあたり、俺はつぎのような準備をした。

ひとつ目は、

(1)各ボスの居場所をキチンと把握しておく

ということ。というのも最初に挑戦したときに、

「あ、アレ? ウルザエルがいるのって……どの入り口だっけ!!?!

と、ボスの居場所がわからなくて時間を大幅にロスするという、タイムアタックにあるまじきミスを犯してしまったので(アホ)、まずはしっかりと、ボスの居場所をメモしておくことにしたのである。

そしてふたつ目は、

(2)面倒な下のほうのボスから倒していく

コレですよコレコレ。まあこいつは単純に、1回目の挑戦のときにイズアルやエイドリアを倒せずに終わってしまったからなのだが、精神衛生上、上のほうに表記されているボスのほうがチョロそうに感じるので、「まずは下のほうから!」と思った次第である。

そして俺はこの方針の通り、並み居るボスを撃破しまくった。

マルサエルも……!

マルサエル

ベリアルも……!!

ベリアル

ディアブロも……!!

ディアブロ

ときに、

岩の壁

ボスに向かう道中で岩の壁を作られ、

こここ、この忙しいときに!!!! なんつーことしてくれんねんキサマッッ!!!!」

と激怒のあまり正気を失うことも多々あった。それでも、目に見えるロスはこのときくらいで、かな~り順調に無双できている確信が。静かな編集部に、俺の怒声がこだまする。

「うおおおおお!!! これはイケる!!! しかも、相当余裕!!! まだまだ時間はあるぞ!!! コンクエストクリアーだぁぁあああ!!!

ここで精神的な余裕が生まれたこともあって、俺は初めて、討伐リストを確認した。すると。

あと2匹

!!!!! やっぱり!!! まだ始めてから10分くらいしか経っていないのに、残るはブッチャーとスケルトンキングだけやんけ!!! コレはいった!!wwww なーんだ、スピード・デーモンなんか最初から無視して、ボス・モードだけやってりゃよかったんじゃんwwww

……もちろん、“10分くらいしか経っていない”ってのは、俺の願望が産み落とした“希望的観測”ってヤツである。

そして……。

俺は意気揚々と、ブッチャーを瞬殺した。

ブッチャー

これでブッチャーの欄にチェックが入り、スケルトンキングを残すだけとなる。

……はずだったのだが((((;゚Д゚))))

討伐リストを見たところ……。

あと2匹

何が起こったのか、俺は理解ができなかった。

……いま俺が倒してきたのは……間違いなく、ブッチャーだよね?? スタン・ハンセンでもタイガー・ジェット・シンでもないよね???(プロレス知らない人、意味がわからなくてスミマセン)

お、おっかしいな……。なんでチェックが入らないんだろう……。

不審に思いつつも、

「あ……。バグか^^;;; きっと表示ミスだな^^;;;」

なんて無理矢理自分を納得させて、スケルトンキング討伐へ。これも一瞬で片付けて戻ったところ……!

あと2匹

((((;゚Д゚))))

このときようやく、俺はすべてを察した。

「これ……ブッチャーの段階で、タイムオーバーになってたんだぁぁぁあああ!!!! ぜ、ぜんぜん余裕じゃないやん!!! 誰だ!!! 10分しか経ってないとかほざいたのは!!!!(オメーだ)」

やっぱりボス・モードも……。

ひと筋縄じゃ、いかない……((((;゚Д゚))))

続く……。

おすすめの記事
大塚角満のブログ更新中