【ディアブロ3プレイ日記133】老戦士、コンクエストの壁に絶望す

【ディアブロ3プレイ日記133】老戦士、コンクエストの壁に絶望す

 

どうやら俺は、デーモンハンターのマルチショットをひたすらぶっ放す“不浄ビルド”に到達して、身の丈以上に高く飛べると思ってしまっていたらしい。

そう……アメリカに行っただけで高く飛べると思い込んでしまった、谷沢君のように……。

不浄ビルドは俺を、グレーターリフトの100階近くという高みに連れて行ってくれた。そこから見た光景はまさに絶景で、かつてソロの70階をクリアーできるかどうか……というところであがいていた小さな自分を、完全に過去のものへと押しやってくれた。

しかし……。

立ちはだかった“コンクエスト”の前で絶望の表情を浮かべる俺を見たら、かの白髪鬼・安西先生はこう言うに違いない。

「まるで成長していない……」

俺は……シーズンジャーニー最後の試練“守護者”と、そのガーディアンであるコンクエストを完全にナメていたようだ……。これじゃ……『Diablo IV(ディアブロ4)』なんて、夢のまた夢の話に……w

コンクエストの課題とは

前回の記事で書いたが、コンクエストにはつぎのような課題が設定されている。

●スピード・デーモン:最大レベルのキャラクターで、難易度トーメントX以上のネファレムリフトを2分以内にクリアする

●スピード・ジャンキー:最大レベルのキャラクターで、難易度トーメントX以上のネファレムリフトを2分以内にクリアする(ハードコア・モード)

●宝石中毒者:ハードコア・モードで、3つのレジェンダリー宝石のレベルを65にする

●ボス・モード:最大レベルのキャラクターで、難易度トーメントX以上の特定のボス(16体)を、ゲーム開始から20分以内に倒す

●異次元の強さ:最大レベルのキャラクターで、難易度トーメントX以上の特定のボス(16体)を、ゲーム開始から20分以内に倒す(ハードコア・モード)

●最強の戦士:ソロでグレーターリフトのレベル75に到達する(ハードコア・モード)

●呪われている!:難易度トーメントX以上、レベル70で“呪われた宝箱”のイベント中に、350体以上のモンスターを倒す

●星が並ぶ時:難易度トーメントX以上、レベル70で“呪われた宝箱”のイベント中に、350体以上のモンスターを倒す(ハードコア・モード)

クリアーすべきは……たったのひとつ。それだけ見ると、以前の俺が思っていたように、

「チョロいやんwwww」

と考えがちだ。

しかし……ここまで『ディアブロ III』をやり込んできたからこそ、居並ぶミッションの凶悪さがよくわかるよ……((((;゚Д゚)))) かつて、セットダンジョンの“マスターマインド”をクリアーしたときに、

「これが最高難度のミッションだったに違いない!! となれば、シーズンジャーニーはコンプリートしたも同然!!www」

と思ったものだが、コンクエストに比べたらマスターマインドなんて……隣の家に回覧板を届けにいくくらい容易いことだったわ……((((;゚Д゚))))

どれに狙いを定めるべきか?

しかし、震えているばかりでは先に進めないので、なんとか前向きに考えたい。

残るコンクエストのうち、絶対にやりたくないハードコア・モードに絡んでいるものは……5つもあるのか……。それを避けるとなると必然、俺が挑戦できるのは、

●スピード・デーモン:最大レベルのキャラクターで、難易度トーメントX以上のネファレムリフトを2分以内にクリアする
●ボス・モード:最大レベルのキャラクターで、難易度トーメントX以上の特定のボス(16体)を、ゲーム開始から20分以内に倒す
●呪われている!:難易度トーメントX以上、レベル70で“呪われた宝箱”のイベント中に、350体以上のモンスターを倒す

↑この3つだけとなる。もうこの段階で、荷物をまとめて群馬の実家に帰りたくなるレベルだわ。

とはいえ“スピード・デーモン”あたりだったら、ちょっと工夫すればワンチャンあるのかもしれない。だって、絶対に不可能なミッションを提示しているわけがないんだからさ。そこで俺は、最初の方針を固めた。

「よーーーーし! まずはスピード・デーモンに狙いを定めて、徹底的に挑戦することにしようか!!」

てなわけでトーメントXまで降りてきて、ネファレムリフト詣でを始めることにした。

スピード・デーモンに挑戦したが

その結果……。

ネファレムリフト
称号
称号

たったの2分しか時間がないので、道中でスクショを撮る余裕がねえwww 正直、スタートを告げるオレックの顔を撮るときも、

「うっせ!!! こっちは余裕がねーんだ!!! 引っ込んでろ!!!><」

と、悪態を付きながらだったしなw

ちなみに1回目の挑戦が終わったあと、街でオレックに話し掛けたら、

“リフトの超人5”

“リフトの超人6”

の称号を立て続けに得たので、

「え!!! ま、まさかの1発クリアーきた!!!?」

とぬか喜びしたのだが、コンクエストとはまったく関係がありませんでした(苦笑)。

これを受けて、

「こいつは、移動速度を上げて、スキルでもそれをフォローするものを付けないと話にならんぞ」

と悟り、

移動速度アップ
パッシブ変更

↑こんな小細工をしてみた。そしてもちろん、腕甲には“宿敵の腕甲”を装着し、祠や塔門を触ったらエリートが出現するようにはしている。

そして、必勝の覚悟を以ってネファレムリフトに潜ると……!

トレジャーゴブリン

「うわあああああ!!! ここに来てのトレジャーゴブリンラッシュやぁぁああああ!!!!www

トレジャーゴブリンに誘惑されてタイムアタックのことなど頭から吹っ飛び、たっぷり10分くらい掛けてネファレムリフトを回ってきたわ^^;;; ダメだなコリャ^^;;;;

さあて、どうしたものか……。

そうこうしているあいだに……シーズン18の終了が迫る……。

続く。

おすすめの記事
大塚角満のブログ更新中