【ディアブロ3プレイ日記104】デーモンハンター、よちよち歩き出す

【ディアブロ3プレイ日記104】デーモンハンター、よちよち歩き出す

ついに始まった『ディアブロ III』のシーズン18!!

前回の記事でお伝えした通り、俺は新たに“デーモン・ハンター”となって、悪魔どもと渡り合っていくことになりました。シーズン18の終了まで、末永くお付き合いお願いいたします!!

デーモンハンターへの先入観

とはいえ。

俺は『ディアブロ III』歴こそ長いが、このデーモンハンターに関してはほとんど触ったことがない。『モンスターハンター』の世界ではそこそこ名を残したハンターの俺なのだが(へっぽこ方面の名だけどな)、ことデーモンのハンターについては、まったく実績がないのである。

これがもしも、デーモンハンターが愛用しているのがボウガンではなくガンランスだったら、もっと早くに手を付けていたと思うんだけどネ。でも残念ながらそうではなかったので、俺の中ではわりと、放置気味なクラスでありました。

ではナゼ、デーモンハンターに触ってこなかったのか?

その理由は1も2もなく、その“スタイリッシュさ”にある。

俺の先入観だと、デーモンハンターというクラスは痩身でインテリそうなイケメンが就くもので、筋肉ゴリゴリの、

「俺は昼飯はカツ丼しか喰ったことがねえな!!!」

なんて豪語する脳筋では、決してなれないものだと思っていた。

そして俺はどちらかというと、後者の属性が強い人間である。ランチのメニューで、“パスタとサラダセット”と“チャーハンと餃子セット”があれば間違いなくチャーハンのほうを選ぶし、冬の上着もオシャレなチェスターコートなんかより、『北斗の拳』の世紀末なザコが着ていたゴッツゴツのバトルスーツを選ぶ

そんな人間が……遠距離攻撃で華麗に戦場を舞うデーモンハンターなど、できるわけがあろうか!!?

という、ある種オノレを卑下した思考で、デーモンハンターには近づかなかったのです。

シーズンバフの恩恵

それでもシーズン18でデーモンハンターを選んだのは、逆に、

「そんだけ俺の立ち位置と真逆にあるクラスなら……返って新鮮で楽しいのではなかろうか!?

という、好奇心が沸き起こってしまったから。そこでさっそく、

初期装備

デーモンハンターを作成!!

クラス選択画面では歌舞伎町のホストみたいなたたずまいなのに、初期装備だとぜんぜんショボいんだな……w

とりあえず、

「やっぱり旅立ちは、ストーリーモードで……」

ということで、ニュートリストラムまで歩いて行くことに。

スタート地点

何度遊んでも、この旅立ちの瞬間は高揚するなあ……。このまま歩いて、ニュートリストラムの入り口に行くと……!

シーズンバフ

お!! 出ましたナゾの輪っかが!!

これがウワサの、シーズン18のシーズンバフだな! 攻撃をくり出すと“3つのランダムバフのいずれかを提供するサークルを定期的に呼び出す”というもので、効果のほどは↓こんな感じらしい。

 

●Triune of Love(Power):サークル内のプレイヤーは、アクティブなときに100%のダメージボーナスを受け取ります

●決意の三位一体(リソース削減):サークル内のプレイヤーは、アクティブなときに費やしたリソースの50%の割引を受けます

●Triune of Creation(Cooldown Reduction):アクティブサークルにいる間、現在クールダウン中のスキルはすべて、クールダウンからより早く抜けます。

攻撃をしているとちょいちょい3色のサークルが出るので、目ざとくこれに乗りながら戦うとよさげな感じだな。

初のネファレムリフトへ

デーモンハンターは思っていた通り、プチュンプチュンと弓やボウガンで攻撃を加える遠距離キャラだった。……いや、まだ遊び始めたばかりで底を見ていないので、ビルドによってはぜんぜん違う立ち回りになるのかもしれんけど。

でもこの遠距離攻撃が……かっこいいんだなコレが!!!

↓こんな感じですよ!!

遠距離攻撃

……なんか、右から矢を撃っている俺のキャラより、左下から遠距離魔法を放っているエンチャントレスのエフェクトのほうが100倍くらいかっこいいんですけど!!!www 負けてるやんけ!!!www

それでも、『ディアブロ III』でこういう立ち回りをしたことがなかったので、新鮮なことこの上ない。戦場でプチュンプチュンと矢を撃っているだけで、楽しいったらないわw

そこで調子に乗って、まだレベル4だけどネファレム・リフトへ。

ネファレムリフト

敵の姿が画面の端っこにチラ見しようものなら、

スタイリッシュ

「プチュンプチュン!!!」

と口に出して遠距離攻撃。あー楽しいwww

でも、まだレベル4の上に、ほぼ初期装備のおっさんデーモンハンター。調子に乗っているとすぐに、

でも死ぬ

ザコにでも殺されてしまうので、注意が必要だ(苦笑)。

それでも、かなりの時間をかけてリフトガーディアンを引きずり出し、

リフトガーディアン

うわ。コイツ、無限に毒を出すイヤなやつや……。

そう思ったけど、逃げ足が速く、遠距離攻撃のデーモンハンターだと、毒の隙間に立って攻撃できるので、なかなかいい感じである。

毒出しすぎ

……っつっても、毒出しすぎだろオマエ!!!(怒)

でも、どうにかめげずに攻撃していると、

倒した

リフトガーディアン、初撃破!!

これで……!

ジャーニークリアー

とりあえず、シーズン・ジャーニーも初クリアーである。よーし、この調子で……今度こそ、シーズンジャーニーのコンプリートを目指すぞ!!

続く。

おすすめの記事
大塚角満のブログ更新中