【ディアブロ3プレイ日記10】“レジェンダリー爆発”の恐怖

ディアブロ3プレイレビュー 第10話

今回は、短く、シンプルにまとめます。

ニンテンドースイッチ版『ディアブロIII エターナルコレクション』のローカル通信プレイをするために、我が事務所にやってきた大嶋さん。あの小学館の、週刊少年サンデーの副編集長様である。

とは言え大嶋さんは腰が低く、偉ぶったりすることはいっさいない人格者だ。この日も、

「ワタクシはディアブロの初心者です。どこにでもついていきますので、この地獄世界での生き方をご教授ください!!

と、どこまでも謙虚である。そこで俺は、

「では、まだ大嶋さんが足を踏み入れていない“トーメントII”に行きましょう!」

と提案。

「だ、大丈夫ですかね……!? お、おそろしい((((;´・ω・`))))」

そう言って震える大嶋さんを連れて、トーメントIIのアドベンチャーモードに突入したのでありました。

魅惑のオレンジの光

大嶋さんの心配をよそに、我々は順調にクエストをこなしていった。俺がクルセイダー大嶋さんがバーバリアンなので、立ち回りもシンプルで楽である。文字にすると、

(1)大嶋さんが敵陣に突っ込む
(2)大塚が後方支援
(3)以下、ループ

これだけw 面倒な約束事もなく、

「わー! わー!!」

「うおおお!! うおおおお!!」

こんな擬音だけでコミュニケーションが取れるので、俺たちは時間のロスをすることなく、ひたすらフィールドを巡り続けたのであった。

このように、トーメント以上の難度でクエストを回していれば、わりと頻繁にレジェンダリー・アイテムが手に入る。

こんな感じで。

レジェンダリー・アイテムが落ちてうれしいのが、上のスクリーンショットにある“オレンジの光柱”のエフェクト

ピーーーン……

という、どこか神秘的な金属音を響かせたあと、この光の柱が天に伸びるのだ。それを見ると、冒険者はナゼか、

!!!!! レレレ、レジェンダリー出たッ!!! レジェンダリー・アイテムが落ちました!!!

と、誰にともなく報告する。ひとりで遊んでいても必ず、「レジェンダリー出ました!!」と申告したくなるから不思議だ。ウチの猫はウンコをすると必ず、

ε=(Φω´Φ#)ウンコ出た!! レジェンダリー・ウンコ出たで!!

と言いたそうな顔で、トイレから俺の膝の上に直行してくるのだが(もちろん臭いつき)、それと同じような心理なのかもしれない。



そしてこの日は、大嶋さんが完全な“レジェンダリーデー”だったようだ。上記の“レジェンダリー報告”を、頻繁にしてくるのである。

「あ!! オレンジの光!! レジェンダリー出ました!!」

つぎのクエストでも、

「うお!! またまたレジェンダリー!!!」

おつぎも……。

「おおおお!! レジェンダリーが一気に2個!? 大当たりですよ今日!!」

こんな調子である。

まあでも、長く遊んでいれば、こういうこともあるだろう。なので俺も、「うへえ!! スゴイっすね!!」と感心していたのだが、つぎのシーンを見て「ん?」と思った。

なんのクエストだったか忘れたが、大嶋さんがまたまた「レジェンダリーきました!!」と言い、↓この中に突っ込んでいったのだ。


▲爆発とレジェンダリーが重なった稀有な例w

 (このスクショだと本当にレジェンダリーが落ちてるけど、それは見なかったことにしてくださいw)

モンスターによっては死に際に爆発し、こちらに大ダメージを与えてくることがある。上のスクショはまさにそのシーンなのだが、大嶋さんは爆発間近のこのなかに突入して、「よっしゃ! レジェンダリー!」と叫ぶのである。

これを見た瞬間、俺は震えた。「ま、まさか……((((;゚Д゚))))」

そして、喜び勇む大嶋さんに、おずおずと言ったのである。

「大嶋さん、かなりのダメージを負われたようですが」

「うんうん!w」と頷きながら、大嶋さんは言う。

レジェンダリーを拾うときって、やたらとダメージを喰らいますよね!」

俺がダラダラと汗を流していたのは、暖房が効きすぎていたからではないはずだ。震える声で、俺は言う。

「レジェンダリーを拾うときにダメージ……? そ、それは、もしや……

言い終わらないうちに、大嶋さんが被せる。

「さすが、伝説のアイテムですよね! “そうやすやすとは取らせないぞ”と主張しているんでしょうね、この爆発は」

言葉を失い、((((;゚Д゚)))) ←こんな顔で固まる俺に、大嶋さんは続けた。

「でも、これだけのリスクを背負って爆発に飛び込むんですけど、ほとんど手に入っていないんですよね、レジェンダリー。もっと早く、オレンジの光に入らないとダメなのかなー。難しいなあ」

ここでようやく金縛りが解けた俺。泣きそうな声で真実を告げた。

大嶋さん……!! それ……レジェンダリーが落ちたときの光の柱とちゃう!!!www ただの爆発エフェクトですがな!!!ww いや確かに、オレンジの光柱と似てるけど!!!www 早く飛び込んでも、死ぬだけですよ!!!!www

大嶋さん、ソファーの上でひっくり返った。

 「ええええええ!!!? レジェンダリーじゃなかったのぉぉおおおお!!??」

この日以来、モンスターがオレンジの光を放って爆発するエフェクトは、

“レジェンダリー爆発”

と呼ばれて、恐れられるようになりましたとさwwww

おしまい。

おすすめの記事
大塚角満のブログ更新中