ウルシ、参上

ディアブロ3プレイレビュー 第19話

前回の日記で公開した“『ディアブロ III』あるある(その1)”、たいへん多くの方に読んでもらえております。やっぱりみんな、あるある好きだよねー!

というわけで今回は、“『ディアブロ III』あるある20連発”の、残りの10発を公開いたしましょう。

ルーキーもベテランも思わず頷く、『ディアブロ III』あるある10連発です!

みんなナットクの“10のあるある”

では、ここからは一気に参ります。ぜひぜひ、赤べこのように頷いてくだされ!!

あるある11:オンラインプレイ時、仲間を敵と見間違えて攻撃しまくる

仲間に攻撃

これ、画面がゴチャゴチャしがちなアクションゲームで見られる“人違い現象”。『ディアブロ III』も、非常にたくさんの敵がワラワラと襲来するのに加え、いろいろなカタチの弾やモノを投げつけてくる。おかげでどうしても、自分と仲間のキャラを見失いがちで、

……あれ!!? 自分のキャラだと思って見つめていたの……思いっきり敵やんけ!!!!

なんてことがたびたび起こったりする。

自分のキャラを見失うくらいだから、仲間がどのへんにいるかなんて把握しきれない。これにより、

「うりゃうりゃ!!! 喰らええええええぇぇぇ……ってコレ、敵じゃなくて仲間のキャラやん!!!(((;゚Д゚)))

こんなことになるのである……。

あるある12:“剛者の連祷”と“嘆きの主”セットなのに、他にもセットを発動していて効果ゼロ

俺の強さをジャンプアップさせてくれた神のセット・アイテム、“剛者の連祷”と“嘆きの主”を絶賛する記事を先日書いた。

“装備しているエンシェント・アイテムひとつにつき、与えるダメージが750%増加し、受けるダメージが4%低下する”

というとてつもないポテンシャルを秘めているセットなのだが、この効果を発動させるには“ある条件”が課せられているのだ。それが、

嘆きの主

“これが自分に適用されている唯一のセット・ボーナスである限り”

という一文。要するに、何らかのセット効果を発動させてしまっていると、剛者&嘆きは沈黙してしまう……ということなのだ。

でもこれ、ついついやっちまうんだよね……。

というのも、剛者&嘆きの効果を強くするためには少しでも多くのセットアイテムを装着する必要があるわけ。すると、効果とか性能とかはひとまず置いておいて、

「持っているエンシェントは、なんでもいいから付けまくっちまおう!!」

そんなモードになるのである。エンシェント属性はセット・アイテムにも存在するので、たいして確認もせずにそれらも身に着けてしまいがちなのだが、これが悲劇の始まり。

「全身、エンシェントで固めることができた!! ととと、とんでもない火力が出るぜコレ……。こ、こっちが震えてきた……

なんていいながらトーメントXIIIの地獄に出撃し、雑魚の体力を1ミリも削れないままボコボコの消し炭にされてしまって、

(((;゚Д゚)))ガクガクガク

ホントに震えて戻ってくるのだ。そんで、

「お、おかしい!! とんでもなく弱くなってるんだけど俺!! な、なにが起こったんや!!?」

と調べてみると……やっぱりあったよ、剛者&嘆き以外にショボいセット効果が発動している!!

剛者&嘆きを使うときは、“エンシェント・セット”にご注意を。


あるある13:装備セットに上書きを忘れて、古いセットに戻してしまって呆然

いろいろなパターンのビルドを作り始めると、俄然便利に思えてくるのが“装備セット”。

装備セット

ビルドごとにそろえた装備をクローゼットに入れておき、着替えたいときはボタンひとつで、全身をその装備で固めることができる。スキルや宝石もビルドごとに管理されているので、使い方次第ではメチャクチャ便利になる機能だ。

でもこれ、「まだぜんぜん揃っていないけど、ひとまず装備セットに登録しておこう」という“装備セット予備軍”も登録しがち。それはいいんだけど、装備セットが完成してから上書きするのを忘れていると、非常に面倒な悲劇に見舞われるので注意しよう。

苦労して装備セットを完成させたのに上書きをせず、ふと、

「あ、別のビルドができそうだな。ちょっと装備をいじくろう」

ってんで、ガシャガシャと装備を変えてしまうことがある。でも思うような効果が出ず、

「ダメだこりゃwww やっぱりもとに戻そうwww クローゼットで着替えればいいや」

ってんで、完成装備を上書きしてあると思い込んで、古い装備セットを全身に装着……。美しい完成形だったはずが、数世代前の装備に全身を覆われ、

(((;゚Д゚)))あ…………。上書きしてなかった……

愕然として電源を切ったことが、何度あったことか……。

あるある14:反射ダメージがなんなのか、イマイチわかってない

これを書いているいまも、イマイチわかっていません。

あるある15:宝箱より、オブジェクトのほうがレジェンダリーが出る

『ディアブロ III』のアイテムや装備は、宝箱だけから出るわけではない。敵を倒してもドロップするし、それどころかそこらに積まれている石の山とか、丸太を壊してもボロボロと出現するのだ。

骨の山

しかも、こういった何気ないオブジェクトからも、ふいにレジェンダリー・アイテムやセット・アイテムがまろび出てくることがあるから恐ろしい。いやむしろ、豪奢な宝箱なんかより、あちこちに転がっている樽とか死骸からのほうが、レジェンダリーが出現しやすい気がするんですが……。

あるある16:オブジェクトからレジェンダリーが出てしまったため、すべてを壊さないと気が済まなくなる

これ、超ありがちな罠……。

オブジェクトはたくさん壊すと恩恵が得られるので、できる限りバッキャンバッキャンと壊したいのだが、やっぱりすべてを破壊するのは面倒だし煩雑である。しかしここから、レジェンダリーやセットアイテムが出現してしまうと、

「もしかしたら別のオブジェクトからも、レジェンダリーが落ちるかもしれん……。となれば……全部壊して確認しないと、見落としが怖くて街に戻れんよぉ!!><」

こんな強迫観念に囚われるので、気を付けましょう……。

あるある17:オンラインプレイ時、仲間が連れているペットを敵と間違えて攻撃しまくる

前述の“あるある11”に通じる話。乱戦のドサクサで仲間だけでなく、そのペットまで敵と間違えて、延々と攻撃してしまう罠……。


あるある18:それどころか、自分が連れているペットを敵と間違えて攻撃しまくる

仲間のペットだけでなく、一生懸命戦ってくれている自分のペットまで敵と間違えて

「うらうら!!! ちね!! ちんでしまえ!!!!」

と攻撃している、バチ当たりなディアブ郎……。

あるある19:ウルシチャレンジ、80パーセントなのに4連敗

グレーターリフトをクリアーすると、レジェンダリー宝石をパワーアップしてくれるNPC、“ウルシ”が出現する。

ウルシ、参上

レジェンダリー宝石は非常に強力で、ウルシに強化してもらうと能力が跳ね上がっていくので、「もう、いくらでも強くしちゃって!!」と思うものだ。

しかし無限に強くできるわけもなく、レジェンダリー宝石のレベルが上がれば上がるほど、強化成功率は下がっていく。とはいえ“成功率80%”とかだと、

成功率は80%か。要するに……ほぼほぼ成功するってことだよな!! んじゃウルシさん、強くしちゃってくださいや!」

と、自信満々で依頼をするんだけど……。

ウルシ失敗

(((;゚Д゚)))な、なんで80%の確率なのに4連続失敗すんねん……。わ、わざとミスってるやろキサマ……

こうなりがちである。

そこで教訓。

“ウルシの80%は、実質20%である”

あるある20:レジェンダリー、拾うものがことごとくブッチャーの鎌

「わーい!! レジェンダリーが出たぞー! なんだろな!? なんだろな!?」

喜び勇んで鑑定すると、

ブッチャーの鎌

4割くらい“ブッチャーの鎌”だよね……w

……というわけで、『ディアブロ III』あるある、20連発でした!! また溜まったら、記事にしたいと思いますー!

おすすめの記事
大塚角満のブログ更新中